ブラジル株

ブラジルは、食料と鉱物の両方を有する、言わずと知れた世界有数の資源国です。おなじみのコーヒー豆のほか、砂糖やオレンジの生産量では世界ナンバーワン。最近では、沖合の沿岸で、海底油田が相次いで発見されたことは、大きなニュースとなりました。

石油、鉄鉱石などの輸出額が増えて国内消費も活発になっているブラジルが今投資家達に注目されています。ブラジル株の注目セクターは住宅、建築資材などの建設関連がかなり重要な位置をしめています。関連して、住宅ローン額も急増していて銀行の伸びも期待されています。

今後は、ファンドを通じて、ブラジル国債やブラジル株に投資する動きが活発化することが予想されます。

今後の注目

もう1つ、注目しておきたいのは食品セクターです。
ブラジルは多様な食品を生産し輸出しています。

食糧資源も豊富で、生産量世界1位となっているコーヒー豆、砂糖、オレンジ類の他、輸出では、世界1位に鶏肉、牛肉、大豆が世界2位と、食品部門でも資源国としての成長は著しくなっています。

輸出ということで輸送関係にも注目できそうです。
ただ、景気の良い話にも必ずリスクはつきもの、安心はできません。

リスクも考慮しましょう

ブラジル株投資へのリスクとして考えられることは、インフレ。
過去に5000%を超えるインフレ率を記録したブラジルはインフレに対する警戒心が強く、わずかでも兆候が見えると即金利を上げ抑える動きが出ます。

金利の上昇に加えて、社会保障費増加等による財政収支の悪化にまで発展する可能性があり、低所得者層の生活が一層困窮化へ進むとその可能性はより高くなります。

そうなると株式市場への資金が減る・・・この流れがリスクとなるわけです。

外貨投資ならFXがオススメ

証拠金取引の特長
外貨取引のうち、売りから始められるのがFX。円高局面でも円安局面でも利益を得られるのがメリット。この取引ができるのはFXだけ。
取引通貨が多数
外貨取引の中でも、取引可能な通貨ペア数が圧倒的に多いのがFX。流通量が多いメジャー通貨から流通量が少ないマイナー通貨まで、自由に売買できるのが特徴。

HOME > ブラジル株