テクニカルとファンダメンタル

はFXに限らず投資において、テクニカルとファンダメンタルという言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

これらの用語は何なのかというといわゆる相場を判断または予想するための手法のことです。

テクニカルとはいわゆるチャートというグラフを見て次の展開を予想するものを指しています。

そしてファンダメンタルというのは例えば国際情勢をみたりして判断するものを指しています。
ここで政府の介入が入ったとか、ギリシャの政治の流れがこうだからユーロは危ないとかそういったことです。

分かりやすくいえば、テクニカルとは過去のデータに今までの情報はすべて織り込まれているのだから今後も予想できるはずだというものです。

そしてファンダメンタルとは常に因果関係を考えます。
どうしてここで円安になったのか、政府の介入なのではないかとかそういったいわゆる理由付けを考える手法のことですね。

これらをどう使うのかというと、テクニカルでは今の相場の形はこのときの形と似ているから今後はこう動くだろうとか、ファンダメンタルでは政府の指標が発表されるが、今の状況から見てこうだからとりあえず
数字の予想を立ててそれより発表された指標が上だったらどうする下だったらどうするとかいうように使ったりします。

どちらもバランスよく使うのが良いと思います。

HOME > テクニカルとファンダメンタル