FXのリターン

外国為替証拠金取引(FX)の大きな特徴のひとつは、
『売りからの取引ができる』ということです。

FXの利益構造

外貨預金や外貨MMFといった外貨商品は、円高の局面で外貨を買い、円安の局面で外貨を売った場合に為替差益という利益を得られます。一方のFXは、取引を『売り』からスタートすることができるのです。

つまり、円安の局面で外貨を高く売って、円高の局面で安く買い戻すことにより、利益が得られます。このようにFXは、円安でも円高でも利益をあげられるというメリットがあります。

売りから取引する場合の注意点

FXの取引を売りからスタートさせる場合、注意しなければならないことがあります。それは、FXの醍醐味でもある『スワップ金利』を支払わなければなりません。

スワップ金利は、金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買った場合、その金利差分を利子として受け取ることができますが、その反対の売買をした場合は、逆にスワップ金利を支払わなくてはならないのです。

日本の金利は、世界でも低水準にありますから、円を売って外貨を買うほとんどのケースでは、スワップ金利は受け取りですが、外貨を売って日本円を買うケースでは、スワップ金利は支払うことになるのが現状の為替相場です。

外国為替情報

主要各国の政策金利
為替レート
FX投資ツール

FXをもっと知る

外国為替証拠金取引(FX)の基礎知識
1万円の資金で1ヶ月で3万円以上の利益をあげることは可能か?
レバレッジ・必要証拠金の計算方法は?取引所取引の場合、損失の繰り越しが出来る?
証拠金取引に関するさまざまなQ&Aが掲載されています >>> 外国為替・FX|YAHOO知恵袋
FX初心者にオススメ
FXとは?為替とは?トレードに必要なものは?利益、損失が出る仕組みは?・・・。
FXに関するあらゆる疑問を解消します。FXが初めてという方にオススメの情報サイト。
>>> FXビギナーズ 取引をはじめる前に・・・

FXの歴史

FXの歴史はそれほど古いものではありません。FXがはじめて登場したのは1998年。外為法によって「為銀主義」が撤廃され、個人投資家も自由に外国為替取引ができるようになりました。

当初は、1万通貨単位の取引が当たり前でしたが、現在では1000通貨単位から取引ができるようになり、10万円程度の少額から始められるようになっています。FXは、急速に市場規模を拡大しており、その残高は1兆円以上とも言われています。

外国為替証拠金取引(FX)の基礎知識
外貨取引に欠かせない基礎知識から為替相場の仕組み、外貨の特徴、取引方法など、FXが初めてのかた向けの情報サイト。各社をスペックや取引条件などでも比較。
>>> FX(外国為替証拠金取引)の比較とお薦め取引業者

日本の個人投資家の資金力

日本人の主婦を中心とした女性やサラリーマン投資家を『ミセスワタナベ』といいますが、これは欧米の報道機関により名付けられたものです。

Wikipedia(ウィキペディア)によれば、
『個人の小口外国為替証拠金取引(FX)投資家を意味する俗称』としています。

昼休みを利用して一斉に円売り・ドル買いの注文を出し、相場を左右させるほどの資金力を世界に見せつけたことによって、海外にて「ミセスワタナベ」という呼び名が生まれたということです。

現在では、マーケットを動かす大きな力として認識され、大口のプロディーラーでさえ、その動向があなどれない存在になっているということで、相当ガッポリ儲けていることが裏打ちされていますね。